視力回復手術とは


レーシックをおこなうとコンタクトレンズやメガネのような道具は必要なくなります。つまり裸眼の視力が回復することができます。レーシックをすることでコンタクトレンズやメガネの煩わしさから解放されます。

視力回復手術でレーシックを選ぶ人が、最近急増しています。近視や遠視の原因は、目に入ってくる光の屈折が上手くいかないことにあります。光の屈折を上手く調整できずに焦点をあわせることが出来なくなるために、視力が低下するという症状を起こすのです。メガネやコンタクトレンズは、裸眼で上手く調節できなくなった光の屈折をレンズを通しておこないます。

レーシックはどのようにして視力回復をさせるのでしょうか?レーシックは簡単に言ってしまうと、レーザー治療器を使って角膜の形を変える手術のことをいいます。角膜の形を変えてしまうことで、光の屈折が上手くいくようになり、焦点があわせやすくなります。これで視力が回復することができます。

視力回復手術として、レーシックは現在、不動の地位を誇っています。ただレーシックは危険性はそれほどはないものの、誰でも受けることができる視力回復手術ではないため、自分が受けることができる手術か、きちんと調べる必要があります。